FC2ブログ

『ないしょのないしょ!』/Iris

『ちっちゃくないもんっ!~スクールバスでおむかえちゅっちゅ♥~』(Iris)
が10月28日に発売されるので、同じくIrisさんの『ないしょのないしょ!』のないしょ話ヾ(⌒(_*'ω'*)_

ちなみに最近ょぅι゛ょの膝裏が素敵って気付いちゃいましてね。お気に入り。かわいいよ膝裏かわいいよ親指で膝裏もにもに楽しいよぉ(;//́Д/̀/)

『ないない』はオーディションで受かった作品だったんだけど、この頃は事務所に「あなたはロリは出来ません」ってできなーいないない宣言されてた。
今でもそうだけど、地声と喋りが全然声優ぽくないし、それに加えて当時凄いおどおどしてたからドゥヒッ、ウ、フヘヘみたいな感じで、まあ可愛い女の子役出来るなんて思われないわな。
でも逆にそれで吹っ切れて、オーディションテープの恋ちゃんは思いっきり自由に録らせてもらったから結果的に良かった(^q^)
はーちゃんの方を録った時には「あーしようこーしよう」って指導が入ったけど、恋ちゃんの方は「本当にこれでいい?いいならいいけど……まあ(^q^)」って感じだったからね//////
ぼ、ぼくのれんちゃんはそれでよかったんだ……!

おかげさまで、今でも小さい子役の依頼の際に「『ないない』をプレイして決めましたんですよー」って言ってくださるメーカーさんもいらっしゃってありがたやありがたや(;//́Д/̀/)

そして収録時期はちょうど忙しい時期で、収録や朗読劇とかで一日12時間くらい事務所にいた気がする_(:3 」∠)_
声枯らさない為に漢方を溶かしたどす黒い液体と鼻の通りをよくするために大粒フリスクを溶かしたお湯飲んでたけど、水色の液体って最高に身体に悪い色してたな……ゎぁぉ。
ちゅぱ音も試行錯誤中で、ゼリーと野菜ジュースとローションとを混ぜたりなんだりしてた。過去の私、恐ろしいことしやがって//////

収録中は「ここ、もっと!もっとにぃにぃに『にぃにぃ♡♡♡』ってお願いします!『にぃにぃ♡』じゃないんです、『にぃにぃ♡♡♡』なんです!もっと!もっとにぃにぃを想ってください!!!」って熱いご指導いただきました//////


↓は『PUSH!!』のコラムに掲載した料理の写真。
これ、ハートのプリンも市販のじゃなくてちゃんと手作りしてるんだよー_(__(っ´∀`)っ♡
上に乗っかってるのは作中に出てくる『にゅうしさん』のチョコ。
にゅうしさん……ストラップにならないかなって…………まだ諦めきれない_(┐「﹃゚。)__
20161020041111ba1.png

↓こっちは失敗。
20161020041107701.jpg

チョコでプレート作ろうとしたけど難しかった。・:(゚^o^゚):・。
家で美味しくprprしたよ。・:(゚^o^゚):・。

そんなこんなで『ないしょのないしょ!』のないしょ話でした。

10月28日発売の『ちっちゃくないもんっ!~スクールバスでおむかえちゅっちゅ♥~』の みるく は、恋ちゃんとは違うハキハキした女の子だけど、主人公のことが♡大好き♡な子なので、ぜひぜひこの子もおむかえちゅっちゅしてくださいねーζ*σ∀σ)ζ

『翠の海』追記

この写真を載せようと思って忘れてた。

ごぼう。

みちる

みちるかわいいよみちる。

みちる役の羽高なるさん、当時の私の家の様子をブログで見てめっちゃ心配してくれてたそうでほんと好き/////


『翠の海』/Cabbit

昨日に引き続き、
手塚りょうこさん、お誕生日おめでとうございます。というか今日が当日。

そんなわけで、手塚さんとお話しをするきっかけとなった作品をば。

Cabbitデビュー作「翠の海」応援中!

Cabbitさんのデビュー作『翠の海』、灰奈役。
Cabbitさんのマスコットキャラクター・きゃびっとちゃんにも声あててます!

フリートークで手塚さんが「灰奈は俺の嫁!」って仰ってたので、初対面のご挨拶の時に「あ、あの、は、灰奈役の、あの、手塚さんがよ、嫁って仰ってたキャラです、灰奈役やってますフ、フヘヘヘヘ」って恐ろしくどもりながら話し掛けた思い出。
私、収録で台本読んでる時以外はよくどもってよく聞き返されるから、未だに昔からの知り合いには声優やってるって信じてもらえない……(^q^)

さてさて、バナー貼ったけどもう5年も前の作品なんですなあ。

*****

見知らぬ森の中で記憶を失って倒れていた主人公のところに、一人の少女が現れ、近くの屋敷で共同生活することを提案する。
屋敷には主人公と同じように記憶を失った少年少女たちが生活をしているのだが、この深い森の中にも関わらずライフラインは完備されている。
主人公が屋敷での生活になじみ始めた矢先、一人の少年が姿を消すが、子供たちは「そんな子はいなかった」と口を揃えて言うのであった……。

*****

最初の収録が体験版分だけだったので、エンジニアさんと今後の本編を予想したり。

「食事に出てくるお肉、消えた子供、食事当番……これってまさか……」
「あれ……灰奈……黒幕…………?」

って。

実際は灰奈いい子だよ灰奈(´;ω;`)

ちなみに、過去を語る灰奈のシーンが一番好き。

この頃はまだまだ感情を出すことができなくてそれが課題だったんだけど、ある意味それが灰奈の押し殺してる部分とうまく重なってたんじゃないかなぁと。そしてそれが一気に出てくる一瞬と。
自分では!自分では!思っててあのその。いやでも、

「ここのシーン聞いて(旧)桃やんに興味持ったよ」

って手塚さんも言ってくれてたし!
(でも手塚さんに「え?そんなこと言ってた?都合のいい解釈と発言捏造しないで?」って言われたらその時は恥ずかしいのでそっとこの記事編集します><!
本当に言ってたと思うんでその記憶を信じたいです)

手塚さん演じる沙羅との絡みは疑心暗鬼になりそうなシナリオの中でほのぼのしてて癒される。可愛い。

あと余談なんですが『灰奈(はいな)』だから返事をするときに「はいな!」って言うのが口癖になるのかと思ったらそんなこと全くなかったです。


なにはともあれ、手塚りょうこさん、お誕生日おめでとうございます。

『大天使ミカエラ様の孕ませ審判』『軍人少女の子作り任務』/Norn

18歳の時に臭作さんのOVAで「この肉壺が~」って言ってるのを聞いて非常に感銘を受けましてエロゲ声優目指しました(^q^)
だって凄くない?『肉壺』だよ?肉の壺ってもうそれ人扱いじゃないんだよ???
こんな日本語があるんだって物凄い衝撃だったわ……。

さてさて、そんな私が事務所に入って初めて頂いたお仕事は、エロゲではなく一般系オンラインゲームのオペレーター役とゆーなかなかお堅い役でした。
その次にとうとうエロゲデビューを果たしたのですが、それがこちら↓

『大天使ミカエラ様の孕ませ審判~いいでしょう、好きなだけ出しなさい。私は快楽などに負けません!~』(Norn)

の、サブキャラクターのレミエラ役。
レミエラ

こんな!立ち絵が!あり!ながら!
ワード数(セリフ数)は30ちょっと。Hシーンなし。
続編はよ!まだ待ってる!はよ!はよ!はよ!!!!!

でも当時はこの30ちょっとのセリフに全神経を注ぐわけですよ。
ゲームはセリフ数が膨大なので(メインヒロインだと1,000~3,000くらいが多いかなぁ。もちろんモノによりけりだけど)覚えてく必要はないんだけど、レミエラが出てくるシーンはト書き、ミカエラ、主人公のセリフも丸々暗記してったのもいい思い出(*´ч`*)

だと思った?ざーんねんっ☆

緊張で覚えられるはずのものが全然覚えられないのと、それで更に不安になるの悪循環だよ。・:(゚^o^゚):・。!

あと、ゲームは個別で収録するので会話相手のキャラがどういう言い方なのかとかは想像するしかないので「もしこういう言い方できたら?」「いや、こっちかも??」で頭の中『???』だらけ。
それとセリフ数が少ない分、どうやったら伝えたいこと伝えられるのかなとか試行錯誤。

収録中は収録中で台本捲る度に「え?このワード数で台本見てやってんの?覚えてこいよ」って思われてるんじゃないかって被害妄想入ったり//////
今はバッサバッサ捲るよ!

そんな感じでエロゲ出演デビューしたよ!



Hシーン有のヒロインで初めて出演したのは同じくNornさんの

『軍人少女の子作り任務~ハレンチな!…う、上官命令なら…貴方の精子で子宮を撃ち抜いてください!~』(Norn)

の、雨宮カレン役。
主人公のことを『上官殿』って呼ぶんだけど、このアクセントに……このアクセントにどハマりして……リテイクたくさん出してしまった…………_(┐「﹃゚。)__

Hシーンも多くて、「ど、どうしたらHシーンの差別化出来る!?え、このシーンは声抑えて?抑えていいの?マイク的には抑えていいの?わ、わからんんんんんん!!!!でも聞いたら『そんなのこともわかんねーのかよ使えねー』」ってなるの???なるんでしょ!!!?でもやだわからん聞く。・:(゚^o^゚):・。」ってパニックパニック(^q^)!

ちなみに、メイド服Hのところは収録中「(演技)可愛いぞ、可愛いんだぞ、可愛い…」って頭の中でずっと唱えてながらやってた。可愛いよ。

そんなこんなで収録が終わり、発売後にはなんとわざわざ事務所宛に感想を送ってくださった方がいて、それが後に『パコられ』(ゆにっとちーず)に繋がるのですが、いずれそのお話もしようかと。


軍人少女


作品のリンク先探してたら広告に『てにおはっ!2 ~ねぇ、もっとえっちなコトいっぱいしよ?~』(rootnuko+H)が出てきてて(*´ェ`*)
こちらも出演してます(∩´∀`)∩

原点回帰

長い文章書けるのがブログのいいところよねヾ(⌒(_*'ω'*)_

この仕事を始めてからブログも始めて、基本的にはその時々のことを書いてたけど、そろそろ当時を振り返って思ったこととか書くのもいいかなーと。

ありがたいことに出演本数も100を超え、収録も前よりは落ち着いてできるようになってきたなとも思うけど、やっぱり初心を忘れないようにしないとね。

そんなわけでこれからちょこちょこ出演作の思い出話していこうかなと。
最近私のこと知ってくれた方には「こんな作品にも出てるよー_(__(っ´∀`)っ」、昔から知ってる方には「実はこんな感じだったよー_(__(っ´∀`)っ」ってのがわかるやもしれません。

プロフィール

今谷皆美

Author:今谷皆美
フリーランスの声優。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム